男女

ボルトやナットは形状と材質がひと目で分かるネット購入が便利

銅箔やアルミ箔に対応

女性作業員

スリット加工とは、様々な素材をリボンの様に巻き取りながら好きな細さや長さに加工していく方法です。紙や金属などあらゆる素材に対応しています。スリット加工に使われる機会は大きくわけて2種類存在します。1つは、センターワインダーという形式になります。自動小巻に適しているので、細かな加工が必要になった素材はこのセンターワインダーを使います。素材の表面に掛かる負担や摩擦が少ないので、フィルムや特殊な紙のスリット加工に向いています。サーフェイスワインダーでは、固定して素材のスリット加工が行なえる為、精密さに優れています。誤差が生じたとしても0.1ミリから0.2ミリ程度の差となっています。加工された厚みのある紙の加工にも対応しています。

スリット加工を行ないたい素材がある場合は、専門業者に依頼して加工を行なってもらいましょう。持ち込みにも対応してくれます。あらかじめどの様な素材を持ち込むか連絡しておく必要があります。素材によって加工方法を調整してくれます。作業に掛かる費用が知りたい場合は、見積もりを依頼しましょう。早ければ、受け付けた翌日には出してくれるでしょう。特殊な素材の場合はサンプルを送っておけば対応が早くなります。加工できる素材の厚さは決められているのですが、A4サイズ程度のサンプルがあれば、切断可能か見極めることができます。納期に合わせた加工も可能です。まずは、実績のある専門業者に相談することが大事です。